夏老けの症状

夏老けはテレビで紹介されてから認識されてるようになってきている症状で、夏の終わりくらいに急速に見た目年齢が上昇するという症状の事を云います。

また肌荒れなどの肌トラブルも多発して、肌環境が悪化してしまうのも症状になります。

主な原因は紫外線になります。紫外線による肌細胞のダメージが肌トラブルを起こして、見た目年齢を上げてしまっているのが原因です。

他にも紫外線のケア方法がずさんだったりすると、夏老けの症状が出てきます。

夏が終わりにさしかかって急に見た目が老けて見えるようになったという方がいたら、疲れだけでなく、肌のダメージも原因の一つになっているかもしれません。

夏の紫外線は意識しない部分でいつの間にか浴びている可能性もあるので注意するようにした方がいいです。

特に会社のオフィスなどで、冷房の付いたところで、さらに窓際の席で日の光を浴びているような状況だと夏老けになる可能性があります。

屋外なら大丈夫だと思っている人が多いですが、紫外線は窓ガラスを通して屋内にも届いているので、オフィスで仕事をしている人でも普通に夏老けになる可能性はります。

カーテンやブラインドなどによってしっかりと紫外線がさえぎられているならいいですが、普通にそういったものがなく日差しをさえぎるものがない場合には紫外線によるダメージがダイレクトになるので注意が必要です。詳細はこちら

SNSでもご購読できます。